スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンポンその後

ピンポン前回記事



このピンポン、長男のカンタは届くのだが、

ゲンタには届かない。


ピンポンしたがる時は、いつもそこら辺に転がっているミカン箱をズリズリ引っ張ってきて、
踏み台にしてピンポンしてました。



gday家では、よそのお宅では信じられないくらいの、ピンポン人気。
↑娯楽、他にないの?的な…


今時、珍しくもなんともない、ただの「ピンポーン」って鳴るだけのピンポンですが。

それでも、息子たちは泣きながらの奪い合い。



あまりにも、ケンカになるので、

ゲンタも好きな時に自分で押せるように…



指令 


ダンナよ、その丸太にサンダー(磨くやつ)をかけて、そこに置いとくように。


と通告しておきました。



それから数日後の休日。


コタツで昼寝するワタシ・カンタ・ゲンタ。


耳に響きますわー、サンダーかける音、時々「あー!!(叫び声から伝わってくるイライラ)」


あー。うるせー。昼間っから日曜大工してるのは、どこの誰ー!


と、心の中で思いながらも、ウトウト。



気持ちのよい昼寝を終え、外に出てみたら~

はい、こちら。



磨ケマシタヨ、ゴ主人サマ…。



約2時間ほどかかったようです。

ただでさえ、げっそり顔色悪いダンナですが、

木くずにまみれて、余計顔色悪く見えました。



しかし、それはやはり、見ないふり。

gday家は徹底的な、格差社会。



そして、ここに置きました。

よしよし、これでゲンタが思う存分、ピンポンできる。




本日も、廃材で、乗り切りますたー。



本日の一言。

「踏み台を 置いてみたらば これ地獄。 延々続く ピンポンダッシュ」 by ゲンタ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gday

Author:gday
田舎暮らしは蜜の味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。