スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャップ

そういえば、その昔、

お揃いのギャップのスエット買いました。

服はどれも10年以上着る派のワタシですが、

あれは着すぎてくたくたになってもう着ておりません。

ボストン組のみんなー、まだ着てますか?



いえいえ、そのギャップではなく!



毎日、いろんなことがある。

ワタシの職場はデイサービスセンターで、
じーさんばーさんだけでなく、障がいを持った人も、子どもも来る。
みんなそれぞれ、それぞれの人生を持ってて、
それぞれが生きてるんだけど、そのほんの一瞬を一緒に生きてる、という感じで、
ワタシの中では「職場」というより、生活の場。


子ども達もそう。

こういう雑多な空間で子育てをしたかったから、いろんな想いを持って愛媛に帰ってきた。
カンタもゲンタも、お腹の中にいるときから、この職場で育っているので、雑多な空間が当たり前。

そして、我が家には、外国の友人、旅人、県外の友人などが、毎月のように泊まりにくるので、本当に「雑多」だと思う。県外から自転車で来た人、いきなり来る人、大阪弁に鹿児島弁、英語もフランス語も(ちなみに今週はインド人が来る)、薄汚れた人も、プログラマーもセラピストも絵描きさんもパティシェも、学生も、無職も、
来るなり観光したがる人や、近所を散歩するといって出ていって迷子になった人…

世の中にはいろんな人がいて、価値観があって、

みんな子どもみたいにキラキラしている。


来る人は、世間一般的に変わりモノで、かつ、自分の中で譲れない何かを持っている人が多く、

ワタシと趣味や嗜好は違っても、根本的な共通点がある。

そしてみんな「生きる」ことが目標なので、崇高なレベルの悩みが多い。
自分がどう生きていくか。常に戦う相手は自分である。

ワタシとしたら、そんな人達の話を聞くことは、ものすごく居心地のいいもので
ワタシ自身、どう生きていくかを考えることは当たり前だと思っているので、
時に、どーでもいいことを気にする集団では、ものすごく周りとの距離を感じてしまい、ものすごくしんどい。

昔から、特定の友達と遊ぶ、というよりは、この時はこの子と遊ぶ、この時はこの子、という
そんな人付き合いが好きだった。よく、八方美人だと言われた。
それは誰にでもいい顔したいんじゃなくて、みんなのいい所を貰いたいだけ。
嫌いな人や苦手な人もいるけど、その人全てが嫌いなんじゃなくて、いい所もきっとある。
だから嫌いだからと言って攻撃はしたくないし、仲間じゃないとか、そんなのも嫌。
昔からこれ自分でわかってたけど、これ今だにコンプレックス。

ただ、みんなとうまくやりたい。争う必要もなければ、ケンカする必要もない。
ただ、みんなとうまくやりたい。それだけ。

何から何まで一緒で、同じグループで、やることなすこと同じで、それ以外を許さない、そんな感覚はしんどい。

全てが合う人なんて、親子や夫婦でも有り得ないんだから。


カンタがきっと今、その渦の中にいる。


考えることがものすごーく独創的で、心が繊細で、生真面目なカンタは、
今、周りに合わせることに必死で、周りがしているように自分もしなければ、と
心に重たいものを持っている。

ワタシ達の前では、伸び伸び、なりふり構わず遊んで暴れて、
初対面で言葉が通じない外国の友達の前で、平気でいられるカンタが、
時に曇った顔で、発言に気を使い、グッと我慢している姿で立っているのが、とても辛い。

流行りもんは嫌いだし、できれば昔昔したもので暮らしたい。
今手元にあるお金できることをしたい。
持ち物は質素でいい。古くても、清潔にキチンと暮らしたい。
長く使えるものを持ちたい。
手間暇かけたものを食べさせたい。

カンタを見てると、ワタシ達が間違ってたのかな、と思う時もある。
もっともっと同世代の子ども達と遊ばせて、
子育てする間だけでも、周りの価値観に合わせたほうがよかったのか、と思う時もある。

きっと、この悩みをワタシが抱えている間、悩んでいる間は、
カンタの心の中からも「迷い」が消えないんだろうと思う。

…ワタシ1人だったら、スカッとスカシしてるんだろーけどね(^v^)
スカシてパクチー食べて、酸味の強いパンやインドカレー食べる。

だけど、「給食のカレーが食べたい」「マックのシェイク飲みたい」というカンタに、
スーパーでカレーのルーを買ったり、マックに行く自分がいる。

人は人、と言いながらも、カンタの心にあるものも、わかるから。

スカッと心の底から「私の生き方!」と言いたい。けど、怖くて言えない。
ワタシの中に、カンタとゲンタがいる以上、ワタシの生き方に自信がない。

どっちも、ワタシの日常。
自分を持った友人達と過ごす時間も、
カンタやゲンタといる時間も。ワタシの日常。
ギャップがありすぎる。だからしんどい。

世の中は広い。
きっとワタシを理解してくれた友人達がいるように、
カンタの事を心の底から理解してくれる人は、たくさんいる。

そして、カンタがカンタのままで受け入れてもらえる日がきっと来る。

大丈夫大丈夫、と声をかける。
世界は広い、と声をかける。
そして、カンタのこと大好きやけんね、と一日何回も言う。

とりあえず、ワタシに出来ることはそのくらい。


あー。突き抜けたい!


なーにが何だかまとまりのない文章になりましたが、
ここの所ずっと悩める子羊の投稿でございました。






コメントの投稿

非公開コメント

No title

あら・・・久しぶりにパソコンひらいたら、悩んどりますな~
大丈夫よ!!うちも、気持ちは一緒。
言ってることはよ~~~く分かります。カンタくんは大丈夫!!
そして、この子育ては間違ってないよ。自信を持ってやりましょうや~

E氏

ありがとー。

なんかね、世の中の子どもの周りで起きる痛ましい事件なんか続いたやろ?いじめに体罰に虐待にライン。。。
んで、オリンピックに原発に…。SNSに保育園に自治会に、ワタシの中でスッキリせん事がこの夏重なってね…。

元をただせば、どんなことも、ぜったい大人に原因があるんよね。
絶対人事じゃないって感じるんよね。
いろんな事件が起こるけんこそ、しっかり自分の子どもに向き合って子育てせないかんのに…。

カンタに時間をかけて、言葉を選んでいろんなこと説明すればするほど、感受性が育っていくのを感じるんやけど、感じれば感じるほど、カンタが周りを気にしてしまう…という…スパイラル…(泣)

野菜、端境期やし…。
カンタも家から出たがらんし…。

モンモンとしとるわ。

まー、そんな毎日だけど、至ってワタシは元気よん♪
少数派、がんばっていこーや!


プロフィール

gday

Author:gday
田舎暮らしは蜜の味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。