スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のこと。

昨日、感動することがあったので、この気持ちを忘れないうちに書いとこー。


カンタのこと。


夜ごはんの準備をするとき、お箸を配ろうとお箸を持ってたゲンタから、「カンタがやる!」と奪い取ったカンタ。
急に取ったもんやから、ゲンタも「ゲンちゃんのよー!」と泣いたし、
横にいたF氏も「ゲンちゃんがやりよったんよ」と言った。

夕方に、ゲンタとのイザコザや、ワタシとのトランプに負けたこともあって、
不安定な感情を抱えていたカンタが爆発。
「なんでカンタばっかり言われないかんのん!!!」「手伝いたかった!!!」と暴れ怒り泣き。
ご飯がのってるコタツに潜り込み、机を蹴るわ、叫ぶは、最終的には過呼吸になるくらい泣いて怒鳴ってた。

この日、ワタシはカンタに対して絶対的に冷静だったので、夜ごはんの支度しながら静かにその様子を見てた。
F氏にも、「絶対怒ったらいかんよ」と伝え、ご飯が全部食卓に上ったとこで全員席についた。

この間、カンタはずっと「とうと、嫌いー!ゲンちゃんなんか、嫌いー!ご飯なんか食べん!」と叫んでた。


ワタシが席に着いたと同時に、カンタはワタシにすがりついてきたので、向かい合って抱っこ。
ひたすら、カンタが言うことを反復するように言った。

「カンタが手伝いたかったんよ!」「カンタが手伝いたかったんよね。かあか、知っとるよ」
「とうとが怒ってきたんよ」「かあかには、とうとが怒っとるように聞こえんかったけど、カンタには怒っとるように聞こえたんよね」
「ゲンちゃんが、ごめんって言えんのがイライラする!」「ごめんって聞けんかったらイライラするよね」

…繰り返し。この間ずっと抱っこして、背中トントン。

ある程度、カンタの感情が言葉になって吐き出され、とうとやゲンちゃんに対する怒りから、

「ご飯食べるの、1人であっち向いて食べたい」「みんなが見る」という怒りに変わった。

抱っこしてたから、体も変わったのがわかった!
なんか軽くなった!

これまたある程度、吐き出した後、

ワタシ「カンタは、もしかして、みんなに見られるけん嫌なんじゃなくて、怒ったんが恥ずかしくって顔合わせたくないんやない?」と聞いてみた。


その後もヒックヒック言ってたけど、ワタシのひざから降り、自分の席についたカンタ。

お味噌汁を一口飲んで、落ち着いたのか、ご飯を一口食べさせてやると、あとは自分でご飯を食べ始めた。


とうともゲンタも、ほとんど食べ終わってたけど、

ワタシとカンタで「冷めてしもたねー」と言いながら、

4人で顔合わせて食べた。



ワタシ「お味噌汁には、やさしい気持ちが入っとるけん、心がホッとなるんよー」


そしたら、味噌汁飲んだカンタがポツリ。


カンタ「怒りたくないのに、怒ってしまったんよ」

カンタ「ちょっとのことでも、イライラしとったら怒ってしまうんよ」

これだけのやりとりがあり、カンタが自分で、答えを見つけた。


「そうやね。分かる!分かるよ!かあかも怒りたくないのに、怒ってしまうことあるもん」と言ってると、

ワタシも涙が出てきた。

そうだ。いつも、怒りたくないのに、怒ってしまうのは、ワタシも同じだ。

きっときっと、F氏だってそう。F氏も涙ぐんでる。


「そんで、怒りだしたら、止まらんようになるんよねー」
「イライラしとるときって、自分が悪くても、人のせいにしてしまうんよねー」
「怒ったときって、誰かが何か言っても聞けんのんよねー」
「怒ってしもた後は、恥ずかしくて皆に顔合わせるのが辛いよねー」
「でも、その時は嫌でも、がんばって顔合わせたら、その後何でもないんよねー」

その他いろいろ。「怒ること」とはどんなことか、家族で吐き出してみた。
どんな時に怒ってしまうか、怒ったときは自分がどんな風になるのか。


言葉に出してみると、本当に、そう。
大人も、子どもも一緒。

6歳のカンタが、1人で答えを見つけたこと、
答えを見つける過程を、家族全員で共有できたこと、

本当に感謝します。

カンタ、いい時間をありがとう。

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa


「ごめんなさい」を言ったら、問題が解決するのではありません。
握手をしたら、仲直りができるわけでもありません。
気持ちを誤魔化したり、ましてや大人の権力を振りかざしたりしては、絶対にいけません。

睨む、脅す、叩く、何も言えないように理論で抑え込む。

それでは、何も解決しないことを、教えてもらいました。


mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm


そして、この日、冷静でいられた自分に感謝。

いつものワタシなら、きっと、カンタのこの心の過程を汲み取ってやれませんでした。

反復して、共感して、心を落ち着けるっていうのは、
今までもなるべくやるようにしてたけど、
たしかに、今までも落ち着いたり、解決したりしてたはずなんだけど、

こんな風に、カンタが解決できると「信じて」、
泣いてるときも暴れてるときも、そっちに惑わされずに、
カンタの心の動きがすべて見れたこと、
本当に初めてです。

あっこさんと美和子さんに感謝。


これからも、がんばります。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

gday

Author:gday
田舎暮らしは蜜の味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。